アーカイブ

トピックスtopics

buybanner.png sewingroombuner.png repairbaner.png businessbanar.png top_10.jpg top_21.jpg top_25.jpg top_34.jpg top_42.jpg

FACEBOOK ブログ

title.jpg

古き良き。

こんにちは。すっかり、しっかり梅雨な日々ですね。

 
 

今日は、古いミシンを復活させるお仕事に関わった話を書きたいと思います。

 

お店では修理やメンテナンスで、結構年代物のミシンを扱っています。

 

『黒い足踏みミシンは骨董品』。。。とは限らず、現役で使ってらっしゃる方もいらっしゃいます。
 

古いミシンの方が、構造が単純なせいか、長持ち・復活できるものが多いようです。
 
 

ブラザー古ミシン

 

こちらのミシンは、お客さんいわく50年前、お嫁入りの際に東京でお父様に買ってもらったものだそうです。
 

その後足踏みから電動に替えて、ずっと使っていらっしゃいます。
 

調子が悪かったので、お店で分解・掃除・調整をしてお届けに行きました。
 

外側もピカピカに磨いて、調子よく動くミシンは誇らしげに見えました。
 

お客さまが以前つくったという、よそ行きの服を見せていただいて、『このミシンでこれを作ったのかあ。。。』と感動しました。
 

こうやって、ミシンが置かれてる環境を見たり、お客様の作ったものを見せていただくのは、
 

配達の仕事の楽しいところです。
 

 
 
 

smith古ミシン1#

 

こちらのミシンはお客様のお母さまのもので、
 

ミシンの調整に加えて、足踏みの金属部と木製の台の部分を研磨して、塗装し直しました。
 

古さを残しつつきれいになったミシンを見て、とても喜んでもらえました。
 

『亡くなった母も喜んでる』と。
 

smith古ミシン2

 

 窓際のよい場所をもらったミシンは、お部屋にもなじんで家具のようでした。
 
 

お客さんともすっかり仲良くなり、猫を見せてもらったり、
 

作ったものを見せていただいたり、
 

ラベンダーの入った手作りのサシェをいただきました。
 

サシェ
 

 

(わたしもこんなの作りたいなあ。。。)
 
 
 

古いミシンはデザインも素敵だし、
 

ミシンには、持ち主の方の色んなドラマがあるんだと、いつも思います。
 

お客様の思い入れのあるものは、出来るだけ長くつかっていただきたいなと思います。
 

 

良いお仕事でした。
 

(わたしは運んだり・塗ったり・猫と遊んだりしただけでしたが。。。)
 

(スタッフT)

 

 

 

 

新しいスタッフたちと

こんにちは。ちょっと冷えて、季節が戻ってしまったようですね。
 

さて、今年の1月から、お店には新しいスタッフの方が2人来てくれています。
 

2人とも、小さいお子さんのいるお母さんです。もの作りが好きで、このお店で働くことを選んでくれたようです。
 

でも、実際、ミシンのことは初めてのことだらけで、日々、戸惑いをおぼえながら働いてるのでは。。。と少し先輩のわたしは思っています。
 

「ミシンの楽しさをいろいろ知ってもらいたい」と思って、時間を見つけていろんなものを一緒に作るようにしています。
 

先日は、ロックミシンとカバーステッチのミシンを使って、お子さんのTシャツを作ってもらいました。
 
 

0409ブログ2

 

 
洋服作るの初めて。ロックミシンほぼ初めて、カバーステッチのミシン初めて。
 

初めての機械にさわるのは、やっぱり少しコワいと思いますが、どんどん触ってもらうようにしています。
 

横でちょっと指導すれば、できてしまうものです。
 

 
 

0409ブログ

 

 

何でも、新しいことを始めるのは勇気がいることで。それが仕事となると、いろんな緊張があることだろうと思います。
 

それでもいろいろと広がって行くことを、楽しみながらやって欲しい。
 
あー仕事って本当に楽しい!って思えるようなお店がいいなあと思います。
 
わたしも、まだ克服できてない領域があるし(ミシン屋さんって本当にいろいろな仕事があるんですよ!)、新人たちと一緒に成長していけたらなあと思います。
 

ではでは、皆さん、かわいい2人をどうぞよろしくお願いします。

 

(スタッフT)

 

カッコイイとは。。。

こんにちは。皆さん、早めのお花見を楽しんでいらっしゃるでしょうか?

 

散ってるサクラ、何とも言えないですよね。

 

 

さて、ブログでは、講習会の内容などをお伝えすることが多くて、
 
通常のお店の業務というのは実はあまり伝わっていないのでは、、、と思うことがあります。
 

お店には、ミシンを買いに来るお客様だけではなく、糸や針などを買いに来られるお客様、講習に来られるお客様、
 

何かミシンに関するお困りごとがあって来店されるお客様が日々いらっしゃいます。

 
 

そうやって、お付き合いをしていくと、お客様のつくったものを見せていただける機会があります。

 

そういったものを見ると常々、人が『何かを作ろう』と思って、本当に形になるのってスゴイなあと思います。
 

 

修理におうかがいしたお客様のおうちで最近見せていただいたのが、
 
実際、修理というほどには至らず、使い方のコツをお伝えしただけでしたが。。。)

 
 

0331-04

 

 

クッションカバーに大きなファスナーがたくさんついていて、
 

どのファスナーも、開くとアンパンマンたちが!
 

小さなお孫さんのために、工夫して、作ったものだそうです。
 

こんなものどこにも売ってませんよね。なんかカッコいいなあと思ってしまいました。

 
 
もう一つ、最近いいなあと思ったのは、講習に来られてるお客様のものです。
 
 
0331-02

 

 

布に布を縫い付けたり、はぎ合わせたり、かたちも少し非対称で。
 

色彩やカタチのバランスに、つくった方のセンスが表れていて素敵だなあと思いました。
 

最初に「こうしよう」と思って作り始めるのでなく、つくる過程でいろいろ決まっていくそうです。
 
型紙通りに、本通りにつくるばっかりでなく、
 
また雑誌に載っているような、流行りのものではなく、
 
こんなふうに、自分の工夫が入っているものが、
 
なんかカッコイイなあと思います!
 
皆さんも、お店に来られたときは、工夫の一品を見せてくださいね。
 
(スタッフT)
 

 

 

 

 

 

 

 

 

「入園・入学グッズをつくる会」レポート

こんにちは。
 

春分を過ぎ、固まっていた体もほぐれてきて、何か始めたいなあという気分になってきますよね。
 

新しい扉を開ける季節ですね。
 

 

2、3月の毎週日曜日、お店で行なっている「入園・入学グッズをつくる会」の様子を報告します。
 

お好きな入園・入学グッズを作っていただくこの企画。
 

いろんなものを作るお手伝いをさせていただいています。
 

学校によって必要なものが違うので、自由に作っていただけるように考えた企画です。
 
 

入園1#

 

 

絵本バッグ、上履き入れ、コップ入れ、スモックなどのスタンダードなものから、
 

ふとんカバー、イスの後ろにかける整理袋みたいな大作を作られる方もいます。
 

学校で指定されているものが買えないようものであるから参加された方。
 

もうすでにお子さんは在学されているけど、手作りに改めてトライされる方。
 

(入園・入学の時は下のお子様がいたりで作れなかったそうです。)
 

本を見ても、作り方がよくわからなかった方。
 

いろんな方とお話をしながら楽しくやらせていただいてます。
 

出来るだけ、“その物を作る”だけでなく、“これからも色んな物が作れる”ように、基本的なことなどをお伝えしながらするようにしています。
 

 
 

入園5#
 
 
この方は、色んなサイズの袋が必要なので、縫い代の取り方を一緒に考えて家に帰ってからも応用できるようにしました。
 
 
入園・入学グッズは、基本をおさえるのに丁度いい感じがします。
 

布のほつれ止めのこと、縫い代の足し方、縫う順番、ミシンの基本操作など。。。
 

ここマスターしたら、結構色んなものが作れるようになりますよ!
 

「本に書いてあったことがようやくわかった」
 

そうそう。ひとりで本・ネット見ながら、慣れない機械と格闘するのって本当に大変だと思います。
 

皆さんエライです。
 

皆さんの“作りたい”という気持ちのお力になれたらいいな、と思います。
 

 

この企画は材料は基本的に持ってきていただいていますが、
 

お店の方でも、布・ヒモ・持ち手テープ・ループ止め・Dカン・アップリケなどを販売していますので、
 

ご利用ください。
 
 

入園3 入園4

 

 

ミシンを買いに来ていただくお客様にも、ミシンの使い方をはじめ、色んなサポートができたらなと思っています。
 
 

入園2
 
 
(スモックかわいい。。。大人でも着ていいでしょうか?)
 

皆さんが色んなものを持って来られるのでなかなかチャレンジングな企画ですが、
 
皆さんのモヤモヤを晴らす事が出来た時は、本当に良かったなあと思います。
 

新生活の準備もそろそろ佳境ですね。
 

皆さんの新しい楽しい扉がたくさん開きますように。

 

(スタッフ T )

 

 

ロックミシンはクリエイティヴ

グッと冷えこんで、体がかたまってしまいそうなお天気が続いてますね。風邪などひいていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

 

早くあたっかくなって欲しいと思う一方で、このチンと冷えた空気を楽しむ余裕が欲しいなと思ったりもします。いずれにせよ、春まであともうひとふんばりですね。

 

さて、今日は、昨年の9月から5回コースでやっていた4本糸ロックミシンの講習会の内容についてご紹介したいと思います。

 

クッション

 

1回につき1作品を作りながら、ロックミシンの基本操作・ちょっとしたコツから取扱説明書には載っていない裏技まで、皆さんに体験していただきました。

 

つくったものは、ポーチ・クッションカバー・日傘・バッグ・洋服でした。

 

クッション2

 

 

バッグ

 

日傘

 

ロックミシンは“端をかがるもの”“ニットの洋服をつくるもの”

 

 

 

。。。。だけはない。のです!

 

ファスナーも付けれるし、飾り縫いもできるし、パイピングもできるし、ギャザーだって寄せれるのです。

 

っていうこととか、

 

「自分ひとりでは絶対作らないものをたくさん作った」

 

参加された方がおっしゃってました。

 

もしかしたら、皆さんの身の回りにも、ロックミシンで作れちゃうものがたくさんあるかもしれません!

 

ロックミシンのクリエイティビティ。お店にサンプルがありますので、ご来店の際は確認して行ってくださいね

 

クッション3

クリスマスのワークショップ

愛知県豊橋市の大羽ミシンです。

11月11日は豊橋のメイカーズラボでワークショップでした。

来月がクリスマスということで刺繍ミシンでつくるクリスマスツリーのランプを作ってもらいました。

 

IMG-2716

IMG-2717

 

2時間で12名の方にご参加いただきました。

今回は、あまり時間がなかったので、刺繍のみで

出来上がる内容にさせていただきましたので、上級者の方はちょっと、物足りなかったかもしれません(汗)

しかし、そんなこちらの思惑とは違い。

ご参加いただいた皆さんはみんな楽しい!楽しかった!と言ってくださいました~。

10代から50代の女性と、豊橋技科大の学生さんも参加してくれたのですが、10代の子は学校や家庭でミシンに触れることがないので、とても楽しみにしてくれていたそうで、めっちゃ真剣でした。

豊橋市以外からもご参加いただきました。なかなか近くでこのような体験会をしているところが無いということでこちらの方もとても楽しんでくださいました。

技科大の学生さんは、「データ作りからやりたかった~、だって頭の中で考え他イメージと、出来上がった時の仕上がりがぴったり合った時の感動は何とも言えないっすよね~。ミシンて楽しいっすね」と言ってくれたました。

まさしく、その通りです。ミシンはイメージしたものをすぐに形にできるのが醍醐味です。

大羽ミシンでは、これからもミシンの可能性を提案していきます。

IMG-2719

 

秋のニットソーイング

こんにちは。気持ちのいい秋の日が続いて、ソーイングにはもってこいの季節ですね。

 

今日は、お店のディスプレイの紹介です。

 

 

 

1104-05

 

 

ウサギ柄のニットのワンピースと、ベレー帽をつくってみました。

ワンピースは4本糸のロックミシンでつくってます。

衿の見返しを縫うのも、袖のギャザーを寄せるのもロックミシンでやってみました。

 

 

 

1104-見返し2

1103-袖2

 

 

 

んでもダダッとスピーディにつくれるのが、ロックミシンソーイングの魅力です。 

 

 

ウサギの生地は、maffon さん(https://www.maffon.com/)という名古屋の生地メーカーさんの、リバーシブルのジャガードニットです。可愛いし、綿100%でとても気持ちのいい生地です。創作意欲が加速します!

こちらのサイトもぜひ、のぞいてみてください。

 

皆さんも、秋のソーイング楽しんでくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

bg bg bg