title.jpg

物に想いが加わると

やっと冬らしくなってきましたね。

 

12月の前半はこんな天候・気温で

 

 

「地球やばいじゃん!大丈夫か!」

 

 

などと思いましたがひと安心です。(そんな事はないと思う)

 

 

 

 

さて、最近ミシンの修理依頼をされる方が非常に多くなってきました。

 

色々な理由で皆さん修理を持ち込んでくださいます。

 

 

簡単な調整で治るもの物もありますし、年数の経っている物で重症なミシンもあります。

 

なかには、

 

もう部品が供給切れで無いから無理。

 

古いから買い替えた方が良い。

 

と他店で断られてわざわざ遠方からお越しの方もみえます。

 

実際、修理に関しては一人で見ているので、出来る数にも限りがあります。

 

 

ですから当店でご購入頂いたお客様を優先させていただいておりますし、

 

修理金額についても差をつけています。

 

 

店で購入された方を当店で購入された方よりも安く早く修理することはありません。

(稀にそのような要求をされる方がいますがホームページにもうたっていますのでご覧ください。)

 

修理は人様のミシンを預かって手をかけるので、ものすごく気を使います。

寿命が縮んでいるかと思うほどです。

 

 

特に、思い入れのあるミシンをお預かりする時は、緊張します。

 

 

・自分の成長と共に母・祖母が使ってきたもの

 

・子供の成長と共に使ってきたもの

 

・自分がお金を貯めて買ったもの

 

・自分のために友人がプレゼントしてくれたもの

 

・今は亡き故人がプレゼントしてくれたもの

 

 

 

ミシンの周りには、そういった想いや思い出がくっついています。

 

 

そんなミシンはお金を出しても買えません。

 

 

 

なので。

 

 

 

 

何とか直したい!

 

と、こちらも真剣に取り組ませてもらっています。

ただ修理をしてモノが直っただけでなく、依頼人の記憶や思い出が錆びずに残っていくように。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

IMG_1059

自分が駆け出しのころからお世話になっていた方が亡くなられ、

そのお孫さんがその方のミシンを使いたいという事で、ご供養の意味も込めて修理させて頂きました。

IMG_1060

全て分解して、部品一つ一つを磨かせてもらい、組み直して、取りかえられるパーツは取りかえさせて頂きました。

IMG_1061

世代を超えて使い続けられるのは、想いが加わり易いからなんでしょう。

 

 

 

 

 

最近は凄いスピードで技術が進んでAIやIoTなどで物に意思があるような商品もありますし、

革新的な商品が世の中にはあふれて、無くなっていきます。

 

 

そんな時代でも

しゃべりもしないし、スマートでもないけど、見るとなんだか色々思い出せてほっこりする。
少しくらいミシンみたいな時代遅れの物(使い続けられ物)もあった方が、なんか安心します。

 

もちろん、新しいミシンだって機能も優れているし、道具として使っていくなら最新の物の方が良いに決まって

 

います。パソコンやタブレットでオペレーションするような物や、構造自体が最新の物もありますので、ぜひ体

 

験して欲しいです。

 

 

そう思うとアナログな部分とデジタルな部分、人間的な部分とテクノロジーな部分を併せ持ったミシンて面白いです。

bg bg bg