アーカイブ

トピックスtopics

buybanner.png sewingroombuner.png repairbaner.png businessbanar.png top_10.jpg top_21.jpg top_25.jpg top_34.jpg top_42.jpg

FACEBOOK ブログ

title.jpg

浴衣づくり講習会3

準備も万端。当日はとても良い天気。

風も気持ちよく、雲一つない青空でした。

 

 

こんな感じの空間。

IMG_0405

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気候も良し。

 

IMG_0407

 

 

 

 

 

最高のシチュエーションです。

 

参加者の方は、皆さんミシンにあまり触れていないとの事。

 

今回使用するミシンはブラザーのイノヴィスVF1とVS、ベビーロックの4本糸ウエーブBL69WJ。

さぁ、浴衣づくりスタートです。(残念ながらおひとりキャンセルとなってしまいました)

 

IMG_1191

 

 

 

 

いざ、縫い始めると真剣そのもの。

なかなか、手つきも良いです。皆さん、もともと器用なんだと思います。

(もちろん!最新のミシンの使い勝手の良さもありますよ~)

 

最初の難関、背中心の柄合わせもばっちりでした。

初めてのロックミシンも、快調にこなしていきます。

 

(今回は生地を切らない設定にしています)

袖の部分など、縫いどまりが多く、アイロンをかけながら作業するところも多々あります。

 

縫い代の倒し方など、洋服と違い変わっている所もあり、戸惑いながらも順調に進めていきます。

袖の角部分もお好みで、丸みを出したり、自分で作るから、こそのオリジナル感も出していきます。

(浴衣は長い状態で縫っていくため、テーブルとイスではなく座卓でやる事で生地が垂れないため、縫いやすいというのも発見でした。)

 

IMG_1184

 

 

 

 

 

 

心地良い風。

 

ミシンが生地を送る音。

 

木々や竹のささやく音。

 

歴史のある建物が持つ安心感。

 

ゆったりとした時間が過ぎていきます。

 

違和感は全くありません。

参加者の方も、「贅沢な体験だね」とおっしゃておられました。

 

IMG_0412

小休止

参加された方同士、いろいろとお話されて打ち解けていきます。

 

(参加者のお子さんと、別の参加者の方もなじんでる・・・)

 

 

 

 

 

お昼ごはんを挟んで、袖をつける作業。

おくみをつけて・・・

 

最後の難関が襟付けです。襟は事前にスタッフが作成。

この段階で襟の前部と後ろ部は数ミリずらしてあります。

この数ミリのずらしがポイントなんですね。

中表に縫った状態から、表に返して、ステッチを入れていきますが、ここは皆さん苦戦されていました。

悪戦苦闘、失敗してホドいたりしながら・・・

ついに完成!

 

 

 

 

IMG_1194

 

 

 

 

 

 

良いです。

 

 

 

IMG_1196

 

 

 

一日で浴衣が出来て、着ることもできました。

皆さん長時間お疲れ様でした。

と言ったところ、そんなに疲労感がないとのことです。

やはり、ミシンを使う環境が大きいのでしょう。

開放的でゆったりとした空間のなかで行った事が良かったのかな。

作った浴衣は、愛着が沸いたそうです。

もちろん、既製品や注文したものは敵いませんが、自分で作ったという満足感と達成感は何物にも代えがたいですね。

 

今後も、このような企画を行っていきたいと思います。

 

 

ミシン屋さんとして、ミシンの可能性をもっともっと伝えられる提案を続けていきます。

 

bg bg bg