title.jpg

年が明けたら・・・

愛知県豊橋市の大羽ミシンです。

年が明けると、すぐに年度末がやってきます。

 

3月末までに済ませる仕事にも追われていくことになります。

 

しかも、この2月3月はとにかく行事ごとが多いです。地域のお役やPTAやら勉強会やらの役に縛られて成人式、入学説明会、卒業式、入学式、いろいろな研修、いろいろな総会などなど。

 

なんでこんなに仕事以外で抱えなければならないのかと発狂しそうになりますが、NOといえなかった自分が悪い・・・そんなんで良いのかと思いますが、なるべく社員さん、お客さんに迷惑を掛けないよう努力しないといけませんね。

 

 

て、学校関係のミシンの修理もこの時期集中します。

現在、小中学校でミシンを使用することはあまり無いようで、小中学校からは呼ばれることは無くなりましたが、専門課程のある高校などには毎年修理に伺います。

 

ミシン購入時は電子入札となります。

 

修理の場合は見積後に修理という手順をふませていただいていますが、すべて通る訳ではありません。(どこの学校も予算が厳しく、中にはどうしても直さないと授業ができないので先生が個人的に修理代金を被るということもありました。)

 

実際、20年以上前のミシンをだましだまし使っているところも多く、こんな状況で制作できるのかと考えてしまいます。今は、プログラミングや英語など自分たちのころにはなかった授業もあり、家庭科などは不要なのかもしれません。

栄養のバランスの取れた食料がコンビニでも売られているし、ほころびは直さず買い替えるほうが早い。

料理の工程を考えるよりも検索した方が早い。

けども・・・

考えて頭の中で想像して、実際に何かを組み立てる能力は家庭科で培われるんではないかと思うんですけどねぇ。

そんなこんなで学校の修理やミシンも10年後には無いかも知れませんが、年度中に頑張って終わらせますよ~。

IMG_2814

※こんな特殊なミシンを使っている学校もあります。

 

 

bg bg bg