title.jpg

藤ノ花女子高等学校さんで、授業のお手伝いをしてきました。

藤ノ花女子高等学校さんにて、
 

授業のお手伝いをしてきました。

 

授業風景

 

 

 

藤ノ花女子高等学校さんは、スポーツでも有名です。
 

マーチングバンドでは全国一位の実績もあります。
 

また、最近ではバレーボールも強く、大会で結果を残しています。
 

 
 

もともと創業百年以上という歴史のある女子高のため、生活情報について学ぶことが出来ます。
 
その中にファッションについて学ぶ選択科目があり、服作りの実習も行われています。

 

 

実習に欠かせない、最新のコンピューターミシンやロックミシンのほかに、
 
デザイン力をつけるという点で、刺繍ミシンも設備されています。

 

さて、今回はそんなミシンを使って、今の若い子たちの感性に沿った服を作る授業のお手伝いをさせて頂きました。
 
 
なんと、オリジナルブラウスを作る授業です。
 
 

 

手順としては、生地を裁断したあと、コンピュータミシンで刺しゅうを入れます。
 
皆さん、事前にそれぞれ、、刺しゅう入りでブラウスのデザイン画を起こされていました。
 

 

胸元にいれる方、裾に入れる方、袖に入れる方。。。。その他色柄配置、ご自分で決めて
 

ミシンの上で、自分の選んだ柄を、大きくしたり並べたり、編集をしていきます。
 
 
 画面#

 

 
 

その後、実際、生地を枠にセットして、刺しゅうという作業になります。

 

蝶々

 

 

 

 

皆さんコンピュータミシン上の操作は、一度説明すればサクサクしていただけました。
 

本番の生地に刺しゅうするので、こちらも緊張しますが、多少トラブルがあってミシンが止まることあっても、対処できることなんかをお伝えしてきました。
 

 
 

何にもなかったところに、刺しゅうが入ったときの変化、皆さん感じていたと思います。
 
 

 

自分でデザインして、みんなと違うものを作っていく。。。
 

自分の手の中で、服が作れる。。。。
 

 
 

という経験が高校生で出来るのは、素晴らしいな。と思います。
 

この経験がどんな風に、皆さんの人生に影響していくのかなあ。。。と。

 
 

 

今後もミシンという文化を通じて、
 

少しでも皆さんの可能性が開けるようなお手伝いが出来たらいいなと思います。
 
 

 花#

刺しゅうミシンワークショップ~ミシン体験~

今回メイカーズラボ(豊橋のサイエンスコア内のファブラボhttps://www.makerslab.jp/)での

 

 

 

刺しゅうミシンワークショップで作ったのは刺しゅう機能だけで作るポーチでした。

 

 

 

メイカーズラボでの刺繍ミシンワークショップは毎月、第二土曜日の14時~16時に行っています。

 

 

81615459-F5A1-4A49-A83F-9D029719B0FE

 

今回の内容は生地色と糸色を選んで、

 

 

あとは手順に沿ってミシンを操作するだけの

 

 

お手軽ワークショップです。

 

 

たったそれだけなのに、出来上がりは上々です。

 

 

In  The Hoopという手法で、もうだいぶん前から行われています。

 

 

実用縫いを使わずに、刺繍の機能を使うので、うまい下手は関係ありません。

 

 

今回は使いませんでしたが、ファスナーをつけたりすることも可能です。

 

 

ファスナー付けが苦手な人も大丈夫です。

 

 

この手法は刺繍ソフトでデータを作成し、手順も自分で考えながら作っていくのですが

 

 

 

刺繍ソフト上でイメージして、その通りにうまく行った時はテンション上がります。

 

 

 

生地も薄いレザーなども使えるので、見た目も面白いものが出来ます。

 

 

今回ご参加いただいたのは5名の女性(うち小学生もいます)

 

 

 

それぞれ個性が出て面白いです。

 

 

裏生地と表生地の色合わせも楽しみの一つです。

 

 

一番、大人っぽいのが小学生が作った物と言うのも面白いです。

 

IMG_0396

 

 

 

 

 

好評につき、またお店でも開催したいと思います。

 

 

日程等はまたお知らせいたします。

 

 

豊橋 岡崎 豊川 浜松 ミシン販売、ミシン修理、ミシン教室は大羽ミシン

子供の書いた絵を刺繍に出来る

最近、あまりの修理の多さにブログが書けませんでした。

 

9月に入ってから、いつもの倍くらいの修理依頼があり、毎日毎日修理に追われブログに手がまわりま・・・

 

おっと!

ブログを書けないのを、忙しいを理由にしてはいけませんね。反省・・・

 

さて、刺繍ミシンてどんなイメージをお持ちですか?

 

と尋ねると、キャラクターを刺繍したり名前を刺繍したりといったイメージしか返ってきません。

良くスーパーなどの入り口で実演とかやってるのを見るイメージが強く、

 

おばさんが自分の持ち物に刺繍を入れているのを見て、若い人とかはあまり良いイメージが無いようです・・・

 

なので当店ではオリジナル刺繍を何年も前から推奨してきました。

 

メーカーが提供した物は無く、自分で考えたデザインや、自分が欲しいと思ったデザインを作ろうという事です。

 

刺繍ミシンの楽しさは、オリジナルが作れるという事に付きます。

 

キャラクター刺繍とかどうでも良いよ言っても過言ではありません(そんな事はありませんが)

 

なので、当店で刺繍ミシンをお求めになられる方は、若い男性も多いです。

 

結構、ガチでカッコイイワッペン作ったりしてます。

 

今回も、お子さんの書いた絵を刺繍にしたいという若いママからご相談を受けて、

 

家庭用ミシンで出来る楽しい事を提案させて頂きました。

 

IMG_0399

 

 

この手の刺繍は、何年も前から提案させて頂いており、

 

実際にご商売として成り立っている方も何人かいます。

 

楽〇市場などでも、この手のサービスは人気があるようです。

 

手軽にビジネスにつなげられる刺繍だと思いますが、

 

クオリティよりも雰囲気をどうするかなので、書いたそのままを刺繍するのでは無く、

 

作り手さんのセンスも問われます。

 

また、刺繍した物を何に仕上げるか?などのご提案もしています。

 

ミシン屋さんではありますが、このようにミシンを使ったビジネスのお手伝いなどもさせていただいておりますので、

 

こんなことをやってみたい!こんな物を作りたい!

 

といったご相談お待ちしてます。

 

豊橋、岡崎、浜松でミシン販売・ミシン修理・ミシン教室は大羽ミシン

 

増税前のミシンセール

日韓関係やあおり運転、小泉進次郎、滝川クリステル結婚などのニュースに隠れて

 

なんだか静か~に、消費税が8%から10%に上がります。

 

上がり量が2%といっても、家計を直撃することは間違いありません。

 

その前に、ミシンの修理やミシンの買い替えなどを済ます方もチラホラと増えてきました。

 

なので、当店もセールを行います。

 


0001

 

特に修理の需要は多いように感じます。

 

買い替えるよりも、

 

今使っている物を大事に使おうという方が結構いらっしゃいます。

 

ミシンは道具なので使いやすい・使い慣れている物を使おうという気持ちはとてもわかります。

 

ただ、それではミシンメーカーさんは困ります。

 

だんだんと古い形の物は部品を打ち切っていくという動きになってきています。

 

思惑としては、部品が無くなれば修理が出来ないので、買い替えも増える、

 

と踏んでいるようですが、そんなにうまくは行きません。

 

世の中の多くのミシン利用者は治らなければ、別に要らないんです。

 

ミシンははっきりいって不用品なんです。

 

ミシン屋がこんな事を言っていいのかと思いますが(笑)

 

でも、理由は単純

 

 

”ミシンで出来る楽しい世界を知らない方が多いから”

 

につきます。

 

もっと、ミシンという道具で広がる世界を伝えらえたらいいのにと思いますが、

 

いかんせんまだまだ力が足りません。

 

そんな思いに共感してくれる方がいたら、ぜひ一緒に働きたいものです・・・

 

 

 

ブラザーPR1000の修理、メンテナンス

お盆が明けて、何やらバタバタしています。

 

大型の台風なども通っていきましたが、この辺りはあまり被害が無くホッとしておりました。

 

そうは言っても被害の大きな所もあるので、なかなか手放しには喜べないですが・・・

 

被害と言えば、修理の見積のご依頼をされたのち、見積りをお出しして、修理をされないという方がそ

のままミシンを取りに見えないケースが、最近非常に多いです。

 

連絡してもつながらない、勝手に処分も出来ず、修理保管場所にわざわざスペースを取らねばなら

 

ず、困っています。

 

出来たらご一報いただきたいです。

 

さて今回は業務用の刺繍機のメンテナンスについてです。

 

ブラザーのPRシリーズなどは使用時間で500時間ごとに調整が必要になり、1500時間になるとオー

 

バーホールが必要となります。

 

500時間を超えると音が大きくなったり、

 

異音が発生しますのでその際はすぐに販売店にご連絡頂きたいです。

 

また、オーバーホールでは、交換性なければいけない部品も多々あるので、

 

こちらも販売店にご相談ください。

 

今回、お預かりしたミシンは1800時間オーバーのため、結構部品交換を実施しました。

 

 

IMG_0315

下軸プーリーを取外し、下軸の芯出しも行うので、

 

本体機構も上下に分解したのち、タイミングベルトや針棒のクッション

 

ゴム、クランク近くの細かい部品など交換していきます。

 

分解して、部品交換、組み立てすると2日ほどかかるので、他の仕事を

 

少し後回しにさせていただくことになります。

 

組みあがって調整後は、お供静かになり、糸の調子もスムーズになるため、

 

オーナー様には喜んでいただけます。

 

この様に大羽ミシンでは、

 

ラザーのPRシリーズも販売後も機械のサポートは万全にさせていただいております。

 

豊橋・岡崎・浜松でミシン販売、ミシン修理、ミシンのお困りごとは大羽ミシン

 

厚い物が縫える事と厚い物で仕立てられる事~厚地が縫えるミシンについて~

最近、革や帆布を扱う方が増えてきたと言う事もあり

 

ご来店いただく方の質問に

 

「厚地が縫えるミシンってどんな物ですか?」

 

という内容が増えてきました。

 

正直、”厚い物が縫える事”と”厚い物で仕立てる”とは別問題です。

 

どんなに高額な家庭用ミシンでも、仕立ては絶対、職業用や工業用ミシンには敵いません。

 

何を作るかによってもミシンの形状は変わってきますので、一概には言えないのが本当のところです。

 

単純に質問のお答えすると、たとえ革であっても二枚をあわせて縫うだけなら、

 

ほぼ、どんなミシンでも”縫う”事は出来ます。

 

なので、TVショッピングなどで、よく革も縫えます的な事を言っていますがそれは嘘ではないんです。

 

IMG_0307

 

※2万円くらいのミシンでも、4mmの革が縫えま~す。

 

(針は11番で糸は60番です。)

 

でも縫えただけでは困ります。実際に作品に仕上げないといけないので・・・

 

もっと糸も太くしないといけないなぁ~

で、糸や素材が変わってくると・・・

 

同じ物を縫ってもミシンが違うと、あれ?

 

IMG_0304

 

 

 

 

同じ太さの糸でも、種類が違うと、あれ?

 

IMG_0303

 

 

 

 

この様に使うものが変わると、縫えてはいるけど

 

何だかな~?

 

みたいになるのがミシンです。

 

カタログや見た目、機能の紹介だけではわからないで世界がたくさんあります。

 

当然、何か作品を作っていくと、こんな状態で縫う事はほとんど無く、

 

”場所によって厚みが違う”、

 

”形になってきたところが邪魔で縫いにくい”、

 

”生地の折り重ねが増えてきて針が通らない”

 

などなど色々出てきます。

 

ミシンの説明よりも、そういうことをしっかり伝えられないと、使う人も困ってしまいます。

 

なので、当店では、必ず部分縫いで試していただきます。

 

中には座ってミシンを触ったら買わされる!と思う方もいてかたくなに固辞されるのですが、

 

そんな事は絶対ありませので、必ず、自分が作りたいものを示して、

 

革や厚地に限らず、その中で一番縫いにくいだろう部分の試し縫いをしてくださいね。

 

豊橋、岡崎、浜松でミシン販売・修理・ミシンのお困りごとは 大羽ミシン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メイカーズラボ豊橋~ミシン刺繍講座~

暑いですね。

 

お盆休みも終わり、通常営業しております。

 

(岡崎店は本日、都合によりPM2時までとなっております。)

 

昨今、ファブリケーションという言葉をよく耳にしますが、豊橋市にも手軽にモノづくりが

 

 

楽しめる場所があります。メイカーズラボ豊橋という所です。

 

豊橋市西幸町浜池333番地の9 豊橋サイエンスコア1階にあります。

 

ここでは3Dプリンタ・レーザー加工機・UVプリンタCNC切削機などを

 

時間いくらで貸してもらえます。

 

また、プログラミングや電子工作なども学べる場所となっています。

 

設備の中に、刺繍ミシンもあることから、

 

設立当時よりミシンのデジタル部分を生かした講座を依頼されており、毎月行っています。

 

主に刺繍PROを使っで作成したデザインを刺繍機を使って、

 

なにか一つのアイテムにするという内容ですが、かれこれ

 

何年にもなるため、色々なネタをやってきました。

 

IMG_0247

 

 

 

 

今回は、オリジナルワッペンを作ってみようという講座を行いました。

 

刺繍PROでイラストから刺繍データを作り、ミシンで刺繍、ワッペン加工するという流れです。

 

今回は夏休みという事もありお子さんの参加が半分でした。

 

次回9月で今期の講座は終わりますが、また11月より新しい内容で始めていきますので、

 

こちらもチェックしてみてください。

https://www.makerslab.jp/

 

豊橋、岡崎、浜松 ミシン修理・ミシン販売・ミシンのお困りごとは大羽ミシン

 

大羽ミシン岡崎店~ミシン修理・ミシン販売~

大羽ミシン岡崎店のご紹介です。

 

大羽ミシン岡崎店は愛知県岡崎市大平町西上野107のプラザヒラクさんのはなれにあります。

 

 

プラザヒラクさん正面入り口左隣の小さな小屋です。

 

 

 駐車場はプラザヒラクさんの駐車場がご利用いただけます。

 

IMG_0254

 

(水曜日はプラザヒラクさん売り出しの為混雑します)

 

 

 

営業時間は10:00~17:00で、日曜日のみ豊橋本店のスタッフが在中しますので、

 

 

修理やミシンのお困りごとなどご相談ください。

 

 

実質5月からのオープンですが多くのお客様にご利用いだたいております。

 

 

特にミシンの修理は、古い物から新しい物までお持ち込みいただき、

 

 

ありがとうのお言葉を頂いております。

 

 

もちろん本店と同じように見積無料&半年の修理保証が付いています。

 

 

 ミシンの販売も行っていますが、スペースは豊橋本店ほどありませんので、

 

 

少なめですが自信を持っておススメできるミシンばかりです。

 

 

 

IMG_0045

 

 

家庭用ミシンを中心にブラザー・ジャノメ・JUKI・BABYLOCK・BERNINAの

 

 

ミシン展示品を見て触って、お選びいただけます。

 

 

 

展示に無いものはあらかじめお電話いただけましたら本店よりお持ちします。

 

 

 

また、日曜日には刺しゅうソフトやロックミシンでの服作り・バッグ作りが得意なベテランスタッフがいますので何でもご相談ください。

 

 

使用説明はもちろん、お買い上げ後は5年間の完全無料保証がついています。

 

 

 

また業務用の刺しゅう機もありますので、ブラザーPRシリーズにご興味のある方もどうぞ。

 

 

IMG_0261 (1)

 

 

 

※ブラザーPR670Eが置いてあります。

 

 

 

 

 

本店とは違い大通りに沿っているわけでは無いので、静かな環境でごゆっくりミシンのご相談に来てください。

 

IMG_0259

 

 

 

 

 

 

豊橋・岡崎でミシン修理、ミシン販売、ミシンのお困りごとは大羽ミシン www.mishinya.co.jp

親子工作体験 ~豊橋市 ここにこ~

昨日は、豊橋のこども未来館ココニコにてミシンとスキャンカットSDX1200を使った親子体験を行いました。

 

ミシンで作ったのはビニール素材のポーチ。

 

ポケット部分に飾り物を入れることが出来るので、子供たちには大人気でした。

 

男の子・女の子で中身を変えてみんな楽しんでいました。 

 

 

IMG_0248

 

 

 

 

 

 

でも、縫うのは難しいので、お母さんにミシンで縫ってもらい

 

中身をお子さんが選んで入れる。ハトメパンチを使って穴をあける・

紐を通すと言った作業をしてもらいました。

 

自分でやる事で、お子さんの為になったら良いなぁ、なんて思います。

 

 

 

もう一つのプラバンアクセサリーはブラザーのスキャンカットSDX1200を使用。

 

IMG_0249

 

カッターを使わないので、安心して小さなお子さんでも出来ました。

 

複雑なカットもキレイに出来るし、動きが面白いので子供たちはスキャンカットにくぎ付けです。

 

後は好きな色を縫って、レンジでチンして、ホログラムやラメなどで色付けして完成です。

 

男の子には恐竜モチーフが人気でした。

 

女の子はラメやキラキラをたくさん使って飾りつけを楽しんでいました。

 

子供向けの講習は本当に、楽しいです。

 

子供たちの豊かな感性を見るとこちらも、ウキウキします。

 

今後もどんどん企画していきますので、たくさんの子供たちの参加お待ちしております。

 

豊橋・岡崎・浜松でミシン販売、ミシン修理、ミシンのお困りごとは大羽ミシン

 

ミシンのデザイン

ミシンのカタチと言えば?色と言えば?

 

多くの方は、足踏みミシンの黒い形を思いだされるでしょう。もしくは白いイメージですよね。

 

正直自分もそういうイメージを昔は持っていました。

 

でも、色々と古いミシンを見ているうちに、このデザインは良いなと思うミシンがいくつかあります。

 

1970年代後半~1980年代前半の物がほとんどですが、今見てもカッコいいと思います。

 

いくつか紹介したいと思います。

 

 

ブラザー OPUS

 opus

 

 

ドイツ感がたまらないです。

 

 

 

JUKI FUL FUL

history-home_11

 

 

 

何ですか、この近未来感は。

 

 

 

JANOME エクセル80

ダウンロード

 

 

ダイヤルがヤバすぎますよ。

 

 

 

 

SINGER モナミ1593

monami1593

 

 

 

LOVE&PEACE!

 

 

 

 

 

 

でも極めてカワイイ、カッコイイのは・・・

 

 

SINGER STYLIST UH-1411

E1C8C6F9-C719-4E46-A480-43AFA87A906F (1)

色使い、形、もう何とも言えません。

 

壊れていたとしても捨てる事は出来ません。

 

ディスプレイにずっと手元に置きたいミシンです。

 

 

 

 

足踏ミシンの台をリメイクした家具などもみますが、豊かな時代、

 

モノがたくさんあり、

 

選ばれないと売れないという時代の工業デザインというのは、

 

凄く潔いなと思います。

 

ミシン単体でディスプレイになるなんて・・・カッコ良すぎます。

 

豊橋・岡崎でミシン販売、ミシン修理、ミシンのお困りごとは 大羽ミシン

bg bg bg